40代からの転職

40代からの転職

40代からの転職

四十代の女性と言ってもいろいろあります。まず、未だ独身の女性です。女性の結婚年齢は日々高年齢化しています。実際にまだまだ四十でも結婚していない女性も多いのです。しかし、四十歳の女性はまだまだ外見的にも美しく社会にしっかりうち解けることも可能です。
ただし、転職となれば、四十歳の女性が正規雇用となれば皆無に等しいです。四十歳の女性にとって有り難い存在が派遣です。派遣だから工場勤務の初心者でも出来る仕事に入っていくことが出来ます。そして、派遣たから人間関係でもめてもすぐに退職が可能です。こんな辛抱しないで会社を辞めるなんて良くないと言う人たちもいるようですが、派遣もメリットはそういうことなので、メリットは有効的に使えばいいまでの話しです。
四十代の女性の場合既に結婚をして育児をして再び、派遣に向かう女性もいます。そういう女性たちが懸念している問題は年齢層です。共稼ぎなら派遣でも構わないと思うものの、女性は社会にとってまだまだマイノリティーであってマイノリティーの中でも若い女性が多いと四十代という年齢が浮いて見えてしまうことがあります。実際に女性がマイノリティーであり、四十歳の女性は更にマイノリティーなのです。これが、実際に社会で抱える女性の問題です。女性は労働したいと思ってもなかなか社会的偏見によってもすんなり労働に向き合うことが出来なくなっています。男女平等の精神の精神もそういう女性を守るつもりでいるものの女性全部を決して救っている訳でもありません。男女平等の精神とはいわば建前のようなものであり、実際に女性が全員社会に進出して来てもらっては男性社会のシステム自体も崩れて行ってしまいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"