加工作業(アーク溶接)

加工作業(アーク溶接)

加工作業(アーク溶接)

全国には様々な工場があり、多くの人たちが働いています。また工場の求人の中には資格取得が条件のところもあります。
資格には様々なものがありますが、アーク溶接もその中の一つです。
アーク溶接とは具体的にどのような仕事内容なのでしょうか?

 

■アーク溶接の仕事について

 

日常生活でよく見かける傘立て、スチール缶、電化製品など、主として金属同士を付ける時に必要な技能が溶接です。
モノづくりの現場として存在している工場にも、溶接の仕事は存在しています。
最近ではDIYの人気があり、自宅で溶接を行っている方も少なくありません。
しかし溶接を上手に行うためにはコツ、経験も必要です。また実際に仕事をする場合、資格も必要です。
アーク溶接の資格を取得するためには、労働安全衛生法に基づいたアーク溶接特別教育の講習を受ける必要があります。
講習を修了し、修了証の交付を受けると溶接の仕事ができます。

 

溶接作業は、溶接棒と被溶接物の間に火花を発生させ、その熱を利用して物の接続を行います。
アーク溶接は、建設現場、生産工場など、広範囲の場所で行われています。
実際に工場で溶接を行うには、溶接の時に使用する器具や機械をしっかりとメンテナンスしておくことが大切です。
前日にメンテナンスをしておけば、翌日の溶接作業もスムーズに進みます。
アーク溶接作業で使用する道具は、溶接棒、アーク溶接機、遮光マスク、革手袋、エプロンなどの防護服です。
工場によって道具も異なりますのでよく確認しておいてください。
また工場の求人情報などでもアーク溶接についての記載がありますので、確認しておいてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"