加工作業(自動車整備士)

加工作業(自動車整備士)

加工作業(自動車整備士)

車は仕事や趣味で活躍してくれますが、消耗品でもありますので定期的なメンテナンスも必要です。
車のメンテナンス、点検などで活躍するのが自動車整備士です。

 

■自動車整備士の仕事について

 

車の整備を行うプロとして、今日も「自動車整備士」の方は活躍しています。
「自動車整備士」は国家資格であり、資格を取得すれば、工場などで、自動車の整備、メンテナンスが行えます。
自動車には多くの部品がありますので、整備する場合は専門的な知識、技術が必要です。
また資格を取得した後も、知識のアップデートが必要です。
最近はハイブリッド車、電気自動車など様々な車が登場していますので、自動車整備士の方もそれぞれの車の知識を兼ね備えておく必要があります。
「自動車整備士」の主な仕事としては、まず点検整備があります。
前述のように自動車は消耗品でもありますので、特に故障がなくても内部の部品は消耗していきます。
そのため消耗部品の交換、ベルトやブレーキなどのチェックなどを行います。

 

さらに緊急整備もあります。事故で壊れた車、エンジンがかからなくなったなど、急なトラブルへの対応も求められます。
このような突然のトラブルの原因を究明し、部品交換や修理を行います。
緊急整備は個人の整備工場でも行われますが、故障の度合が大きい場合はメーカーの販売店などで行われます。

 

そして分解整備です。多くの部品があるエンジンなどを分解して、整備、点検します。
分解整備は専門的知識や技術が必要ですので、国の認可のある「認証工場」、「指定工場」で行われます。
このように自動車整備士の仕事も多岐に及んでいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"