職場の環境づくり(衛生管理者)

職場の環境づくり(衛生管理者)

職場の環境づくり(衛生管理者)

工場で活かせる資格も様々ですが、その中に衛生管理者の資格があります。職場の衛生管理はとても重要です。
そのため衛生管理を専門に行っている、衛生管理者の役割は大きなものとなっています。
ここでは衛生管理者の資格について見てみます。

 

■衛生管理者の資格について

 

工場のスタッフ全員が病気をすることなく、いつまでも健康に働くためには職場の労働環境の改善が必要です。
職場の衛生管理を改善するため仕事をしているのが衛生管理者です。
衛生管理者は、工場で活かせる資格の一つと言えます。
この資格を取得することで、工場内における衛生管理の業務に就けます。
衛生管理者になるための資格は、次の3種類に分かれています。
それぞれの事業場の業種や取り扱い範囲により、「衛生工学衛生管理者」、「第一種衛生管理者」、「第二種衛生管理者」に分類されます。
一般的に、これら「衛生工学衛生管理者」、「第一種衛生管理者」、「第二種衛生管理者」の資格保有者を衛生管理者と呼んでいます。
また医師や歯科医師などの免許がある方も衛生管理者と言えます。

 

50人以上のスタッフが在籍している工場では、衛生管理者を必ず1人以上おくことが義務づけられています。
衛生管理者の仕事は、社員の健康維持、職場の環境保全、労働環境の改善などです。
彼らは、工場で働くスタッフ全員が健康で働けるよう、様々な努力を行っています。
社員の健康診断なども大きな仕事です。また健康相談なども行います。
このように衛生管理者の仕事は多岐に渡っていますので、やりがいの持てる仕事と言えます。
工場の求人で衛生管理者を募集しているところもありますので、興味がある方はぜひトライしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"