危険物・設備管理(電気工事士)

危険物・設備管理(電気工事士)

危険物・設備管理(電気工事士)

スキルアップのため、様々な資格取得を目指している人も多いことでしょう。
工場でも様々な資格を持った人が働いています。将来工場勤務を希望している方は、資格を取得してみるのも一つの方法です。
すぐに使える資格もたくさんありますが、その中の一つに電気工事士があります。
ここでは電気工事士の仕事を紹介します。

 

■電気工事士について

 

私たちは日常生活の中で、様々な電化製品を使用しています。
そのような電化製品を使用する場合、エアコンなど電気工事が必要になるものがあります。
しかしエアコンを設置する場合、自分で勝手に電気工事をすることはできません。
知識がない人が勝手に電気工事を行うと、事故が起こる可能性も高まります。
そのような事故を防ぐために設けられたのが、電気工事士の資格です。
電気工事士の資格があれば、様々な電気工事ができます。
電気工事士は、会社のビル、工場、住宅など、電気を使用する施設などで活躍しています。
その他にも、鉄道電気工事や線路工事などにも携わっています。

 

工場などでも電気施設は多いので、工場専門の電気工事士もいます。
機械を稼働するために多くの電気を使用している工場にとって、電気工事士は欠かせない存在と言えます。
工場では設備機器の新設、保全、メンテナンス、また清掃や照明の交換など、工場の電気に関しての仕事を行っています。
電気工事士は、第一種と第二種に分かれています。第一種は自家用の電気工作物の電気工事が対象です。
また第二種は一般用の電気工作物が対象です。工場で働く場合は、第一種の資格が必要です。
資格試験は毎年行われていますので、興味のある方はチャンレンジしてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"