危険物・設備管理(危険物取扱者)

危険物・設備管理(危険物取扱者)

危険物・設備管理(危険物取扱者)

工場では様々な方たちが仕事をしています。またその中には、特別な資格を必要とするものもあります。
その資格の一つに危険物取扱者資格があり、毎年国家試験が行われています。
危険物取扱者はどのような仕事をしているのでしょうか?

 

■危険物取扱者について

 

学校の授業などで実験を行う場合、アルコールなどを使用することがあります。
このようなアルコール、また車の燃料であるガソリンなどを危険物と言います。
学校の実験などでは取り扱う量は多くはありませんが、たくさんの量の危険物を取り扱う場合は専門の資格が必要です。
その資格を持っている人を「危険物取扱者」と言います。
危険物取扱者は消防法によって規定された国家資格として、毎年多くの人たちが受験しています。
危険物取扱者は様々なところで活躍しています。一般的な施設としては、工場やガソリンスタンドなどです。
工場の場合は化学薬品、またガソリンスタンドでは多くの燃料を取り扱っています。
その他にもガソリン製造している石油貯蔵所などがあり、危険物を移送する際はこの危険物取扱者の資格が求められます。

 

危険物取扱者は「級」制度になっており、それぞれの級によって難易度が異なります。
また危険物取扱者ではそれぞれのレベルを、「甲種」、「乙種」、「丙種」の3つに分けていています。
甲種の難易度が最も高いレベルで甲種はすべての危険物の取扱が可能です。
工場では危険物取扱者の資格がある人を求めているところもありますので、資格がある方はチェックしてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"