危険物・設備管理(ボイラー技士)

危険物・設備管理(ボイラー技士)

危険物・設備管理(ボイラー技士)

工場では様々な専門家が就業しており、その中にはボイラーを取り扱うプロもいます。では、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか?
ボイラーを取り扱う方をボイラー技士と言います。ここではボイラー技師の仕事内容を紹介します。

 

■ボイラー技士の仕事について

 

水を熱することで、沸騰してお湯になります。そしてその後最終的に蒸気へと変化します。
この蒸気は工場や一般家庭などで、機械を動かす動力として活用されます。
この蒸気などの力で機械を動かす装置がボイラーです。ボイラーは私たちの日常生活と大きな関係にあります。
私たちが毎日使うお風呂の給湯システム、また電力会社などで作る電気もボイラーで作られています。
その他にも、病院、工場、ホテルと言った大型施設の中でもボイラーは作動しています。
このようなボイラーを取り扱うには専門の資格が必要です。その中の一つがボイラー技師です。

 

ボイラー技士の資格があれば、ボイラーを安全に運転させることができます。
ボイラー技士は、ビル関連会社、ホテル、病院など、様々なところで仕事を行っています。
また工場でも多くのボイラー技士が働いています。
仕事の内容は、ボイラーの調整、監視、検査などが主になります。
ボイラー技士の資格は、特級、1級、2級に分かれており、それぞれの資格によって取り扱うボイラーの大きさが異なります。
特級の資格があればどのような大きさのボイラーも取り扱えます。そして1級は500u、2級は25u未満のボイラーを取り扱えます。
ボイラー技士に興味がある方は、まず2級の資格に挑戦してみるのもいいでしょう。
そしてその後徐々にステップアップしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"