工場勤務の給料は?

工場勤務の給料は?

工場勤務の給料の統計はどの程度か

就職活動を行う時、会社の将来性や仕事内容に興味を持つ人もいます。
しかし同時に、自分がもらう給料にも興味を持つことでしょう。
毎月いくららもらえるのか、ボーナスはいくらなのか、また昇給はあるのかなど、心配がつきません。
確かに毎月もらえる給料は多いほど、うれしくなります。
また毎年昇給があれば、モチベーションも高まってきます。
しかし給料がいい仕事のなかに、自分に合っている仕事があるとは限りません。
ですので、その点もよく考慮して見つける必要があります。

 

■工場や年齢によって変わってきます

 

女性のなかには、工場勤務を希望している方も増えています。
ですので、工場勤務の給料は最大の関心事にもなってきます。
工場で仕事をすれば、どの程度の給料をもらえるのでしょうか。
工場といった製造業の年収は、年代別によってその平均も変わってきます。
相場については、だいたい200万円後半〜400万円台程度になっています。
厚生労働省の統計によると
20代254万円、30代337万円、40代445万円、50代480万円にという結果になっています。
これらの額はあくまで平均ですので、各自の年代や工場の規模によってまたその開きは変わってくることになります。

 

■自分の給料や年収を確認しておいてください

 

工場勤務の給料は、職種や正社員や契約社員といった身分によっても変わってきます。
派遣社員や契約社員、またアルバイトやパートは昇給やボーナスなどがない場合もあります。
ですので、正社員と比べると年収にも開きが出てきます。
自分の置かれた環境をよく確かめて、どの程度の給料、また年収になるのか確認しておくのもいいでしょう。
そうすることによって、今後の人生設計も立てやすくなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"