志望動機の書き方

志望動機の書き方

志望動機の好印象な書き方

就活を行っている人のなかには、面接が気になっている人も多いのでないでしょうか。
通常の就職試験では、筆記試験と面接試験が実施されます。
どちらも大切なのですが、会社のなかには面接を重視しているところも多くなっています。
ですので、この面接でいかに他の人に差をつけられるかにかかってきます。

 

■志望動機を明確にしておいてください

 

工場での面接もまた同じです。
求人に応募する時は、事前に履歴書といった採用試験関連の書類を送ります。
そしてその時送付する履歴書欄には、志望動機の欄が設けられています。
この場合、工場側で別に用意して書類に志望動機を記載する場合もあります。
いずれにして、この履歴書にある「志望動機欄」はとても重要な項目になります。
ですので、事前によく考えておいてください。

 

■自分の考えをリストアップしてみる

 

就活で希望する会社があれば、その会社に履歴書を提出します。
どの工場にも通用するような志望動機を書いたとしても、結局どの工場からも内定がもらえないケースも出てきます。
採用担当の面接官は、多くの就活生たちの履歴書を見てきています。
ですので、就活生の思いは志望動機を見ればだいたい分かります。
それゆえ、ありきたりな志望動機はなるべく回避してください。
事前工場についてよく研究して、自分なりの思いや考えをまとめておいてください。
どうしてこの工場で働きたいのか、もう一度じっくり考えてみてください。
そしてこの工場で働きたい動機が分かれば、それをリストアップして整理してください。
それらを関連付けしていけば、志望動機もきちんと固まってきます。
志望動機かしっかりしていれば、面接官の印象もよくなってきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"