手に職をつけるには?

手に職をつけるには?

手に職をつけるには?

製造業は、転職にとって比較的広い門戸を広げている企業です。しかし、だからといっても就職は簡単ではありません。転職、そして、女性、未経験。厳しい条件があなたに揃いすぎているのではないでしょうか。そういう女性も実際には、製造業の面接に溢れかえっているのです。
私達の社会は競争社会です。戦い負ければ、当然その女性は製造業の就職出来ません。製造業の面接に勝つ方法は?それは明確に資格のことなのです。実際に、その企業に必要ない資格取得もあります。しかし、そういう資格でも、面接官は資格取得している女性を非常に積極的な人間と解釈します。これが、他の女性に勝つポイントなのです。今、私達の時代は昔以上資格重視の世界になったことも理解しなければならない問題です。
履歴書に記載する資格は多ければ多いほど面接官はあなたを好意的に見ます。そして、全く仕事に関係ないような資格もありますが、そういう資格も書くことによって面接官にアピールします。趣味や特技の欄に分けて書くといいでしょう。資格は実際にこんな感じでマイナス効果に働くことは一切ありません。
製造業を意識してこれから資格取得する場合、QC検定、 検査関係の技能検定、生産士、生産管理士といったものが有効的です。更に、二種電気工事士、シーケンス制御関連の技能検定、更にちょっと専門的に空気圧装置組み立て技能検定、油圧装置調整技能検定、廃棄物処理施設技術管理者、環境マネジメントシステム審査員・・・。こんなに製造業に関わる資格取得はあります。何も資格を持っていないと面接官に向かうこと自体何処か恥ずかしい気持ちになって来るものではないでしょうか。まず一個どれかの一つ資格取得をめざしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"