人見知りでも働ける?

人見知りでも働ける?

工場での仕事は人見知りでも働きやすい?

工場での仕事は、通常は人と会話をすることがあまりありません。
それゆえ仕事の最中は、自分がすべき業務に集中して行う必要があります。
工場内のライン作業では、仲間とおしゃべりをしているとミスも出てきます。
多くの工場では、仕事中はおしゃべりが厳禁なところが多くなっています。
それゆえ他の職種などと比較して、人見知りでも働きやすい環境になっています。

 

■工場では、製品を正確に生産することが大切です

 

普通の会社では、コミュニケーション能力が問われるところが多くなっています。
特に営業部門の人は、多くの人たちとコミュニケーションを取る必要があります。
ですので、人見知りを原因に折衝を断れません。
そういう行為を取れば、解雇処分の対象にもなってきます。
しかし工場勤務で求められることは、製品を正確に生産することです。
それぞれの業務を丁寧に行うことが大切であって、コミュニケーション能力は特に必要とされていません。
製品の品質や、使用する機会設備のことをよく理解することが大切になります。
それゆえ人と折衝する能力は、そんなに高くなくても問題ないのです。

 

■最低限のコミュニケーションは必要です

 

しかし全くコミュニケーションが必要ない、というわけではありません。
朝礼や研修などもありますので、あいさつなど、最低限のコミュニケーションは必要になります。
職場の人間関係を良くするには、同じ現場で働く人たちのうまくお付き合いをする必要があります。
それゆえ例えば休憩時間などを利用して、同じグループの人たちと交流を図るのもいいでしょう。
そうすることで、チームワークもよくなってきます。
このように工場勤務では、特別なコミュニケーション能力は必要ありません。
でいので、人見知りの人でも心配はいりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"