男女比率はどのくらい?

男女比率はどのくらい?

工場の男女比率は女性も増えてきている

女性の方のなかには、工場での仕事を希望している人も多いのではないでしょうか。
工場と聞くと男性が働く職場というイメージがありますが、最近は女性の希望者も増えています。
また女性の求人情報のなかにも、製造業の募集が増えていますので選択肢も広がってきています。
しかしいくら希望する女性が増えたといっても、女性の方は工場で働く男女の比率が気になるのではないでしょうか。
工場で働く男女比率というのは、実際はどうなっているのでしょうか。

 

■女性も働きやすい社会になりました

 

工場では、ライン作業が主になります。
製造業のライン作業というのは、やはり男性の求人が多くなっています。
製造業は、以前から男性が主になって行われていました。
しかし現在は、男女雇用機会均等法によって仕事も支えられています。
それゆえ女性の方たちも、積極的に製造業のラインに参加し始めています。
製造業と言っても、その仕事は多岐に渡っています。
デジカメなどの電子部品の組立、また健康食品などさまざまなものがあります。
しかし最近は、日本の企業も海外に工場を移転するところが増えてきました。
ですので、製造業で働く女性の比率も鈍くなっています。

 

■女性の比率も増加する可能性があります

 

製造業のなかで、女性の比率が高くなっているのが食品製造業です。
食品製造業では、女性がリーダーシップを握っているところも多くなっています。
しかしいくら女性か増えてきたといっても、製造業への女性の就職率はだいたい30%前後になっています。
10人いるラインのなかに、3人女性がいればいいほうです。
製造業は、現在女性にも大きな門戸を開いています。
それゆえ製造業に興味を持っている女性が多くなれば、その数も増えてくることが予想されます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"