ブランクがあると再就職は難しい?

ブランクがあると再就職は難しい?

ブランクがあると再就職は難しい?

実際に就職活動でブランクは面接でも問われる問題です。海外旅行でブランクが空いて就職活動。これは非常に面接官にデメリットにうつります。そして、面接官は、犯罪履歴すらそのブランクに疑ったりもします。社会でまず転職するということは、より繋がりを意識している傾向があります。
しかし、女性の場合結婚して育児をする場合にブランクが空く場合があります。実際にこのことが今社会問題になっているような難しい問題を抱えているのです。女性も育児休暇を取ることが出来れば退職して、育児が修了して再び転職活動をする必要もありません。しかし、育児休暇は企業にとってデメリットでありなかなか受け入れることが出来ません。育児休暇の間の穴埋め対応、そして、ブランク空いた女性の研修システムを考えると女性でなく男性を雇用すればいいまでの話しなのです。
女性に育児休暇を与えると言うことは逆に男性にとって不平等なのです。男性から嫉妬を招きます。社会には嫉妬というものも実際に渦巻いているのです。しかし、全体の社会の要求がデメリットあっても育児休暇を引き受けざるを得ない方向へ向かう場合はあります。
しかし、私達の社会はまだまだその場所に辿り着いた訳ではありません。ならば女性たちは、ブランクが空いていても比較的転職しやすい業種を見つけるまでです。製造業がそれに値します。製造業には、そういうブランクの空いた人たちが多く仕事をしています。製造業のシステムが未経験の人たちであってもすんなり受け止めることの出来るシステムだからです。製造業はちょっと暗いというイメージを持っている人たちもいるようですが、自分たちのスタイルに合わせることの出来る非常に都合いい業種なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"