印刷機械のオペレーター

印刷機械のオペレーター

印刷機械のオペレーター

印刷機械のオペレーターとは一体どんな仕事内容なのでしょうか。オペレーターと言えばちょっと新しい仕事の感じもしてしまうものの実際には昔で言う印刷工のことです。厳しいこともあり、汚れることもあります。
版を印刷機に取付して、濃度、汚れ、そしてごみや版ずれと言ったものに注意をして色見本にあわせて印刷作業をします。 印刷機械のオペレーターには別に特に資格取得が必要と言う訳でもありません。しかし実際に印刷機械をこなすオペレーターになるために三年程度かかるとも言われているのです。その間何をしているのかと言えば、紙積みと言った仕事も求人でいう印刷機械のオペレーターのうちに含まれています。
実際には求人情報によって印刷機械のオペレーターと言っても非常に幅広く、企業によって印刷の技術も違うために一概にこうとオペレーターの仕事を言い切れない部分はあります。零細企業と、大手企業では当然使用する機械が違います。
印刷機の機械はコピー機みたいにボタン操作で簡単に出来るものと思っている人たちもいるようですが、印刷機械のオペレーターはやっぱり経験が必要です。未経験の人たちがすぐに機械をいじれる訳でもなく、紙をセットしたり、印刷した紙を別の場所へ移動したり、インクが付くブラケットを溶剤で洗ったりと印刷補助につき段々と仕事を上司から学んでいく形になります。女性でも、未経験でも入ることの出来る仕事ですが、それなり仕事学ぼうとする覚悟が必要です。印刷会社にとって印刷機械のオペレーターはもう既に企業の主軸に関わっているのです。更に自動車部品メーカーの行うような単純作業でもありません。女性だって充分やりがいを見つけることが出来る仕事です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"