初めての工場勤務:意外と女性が多い?

初めての工場勤務:意外と女性が多い?

初めての工場勤務:意外と女性が多い?

工場勤務を希望している人の中には、職場の人間関係を気にしている人も多いことでしょう。
工場には多くの人たちが働いていますので、初心者の方は上手くやっていけるか心配ごとも増えます。
また男性、女性の割合も気になります。工場勤務をしている女性はどの程度いるのでしょうか?

 

■工場で働く女性について

 

工場勤務と聞くと、やはり男性のイメージがあります。
自動車製造工場など、力のいる職場はほとんどが男性です。しかし女性も頑張っています。
力仕事の現場では男性が多いのですが、軽作業などのライン工程では女性も少なくありません。
また食品工場などでは、女性ばかりのところも珍しくありません。このように、職種によって勤務する女性の割合も異なります。
工場勤務の女性に対し工場を選んだ動機を聞いてみた調査では、様々な意見がありました。
「夜勤手当、皆勤手当、交代手当などの手当が多い」、「シフトの融通が利きやすい」、「週2回など、自分に合った時間を選択できる」、「残業があまりないので、子供の迎えができる」、「稼ぎたい時は週5日働ける」などです。

 

それでは、女性が多い工場では、実際にどのような仕事をしているのでしょうか?
多いのは部品組立、梱包、軽作業などのライン作業です。
また稼ぎたい方は、男性と混じって力仕事をする人も多いようです。
工場によって女性の比率は変わりますが、男女の比率は平均でみるとだいたい7:3程度です。
工場勤務を希望している女性の方は何かと不安もあるでしょうが、女性の多い職場を選ぶと安心です。
そして稼ぎたい方は、女性の多い職場に慣れた後、男性のいる職場に挑戦してみるのも一つの方法です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"