初めての工場勤務:学歴は関係ある?

初めての工場勤務:学歴は関係ある?

学歴は基本的に関係ない

工場勤務をする際に、学歴は基本的に問われません。重機のオペレーターのような専門的な技術が必要な場合は、経験・実績が問われることがありますが、学歴はいいところを出ているから採用されやすいというのはあまりないです。

 

■高卒がほとんどの工場勤務。
工場勤務の内容は、ほとんどが単純作業です。同じことをくり返し行うことが求められます。特別な技術・資格がないと就けない・やらせてもらえない部署もありますが、基本的には同じことのくり返しです。
食品の製造であれば、自分のポイントで同じ食材を入れたり、チェックしたりが仕事ですし、機械・部品の製造であれば、同じ手順で組み立て作業をするだけです。
集荷・運搬の仕事も、上司・リーダーの指示に従って、荷物を運ぶことがメインになります。重機の免許を持っていると、リフトなどに乗って作業することになりますが、特別なことをするわけではなく、根本的には荷物を移動させることに変わりありません。
業務内容からいっても、学歴が必要になる場面はほとんどないです。勤めている人も、高卒は当たり前で、中卒の人もたまに見かけることがあります。

 

■大卒で工場勤務をしようとすると、遠まわしに断られることがあります。
大卒で工場勤務をしようとすると、面接の段階で断られる可能性があります。多くの場合は、
「君の学力で工場はもったいない」「もっと頭を使うところに勤めた方がいい」と言われるようです。
これは、遠まわしに、「大学を出ておきながら工場に来るなんて、どこか問題があるのかもしれない」と思われている可能性があります。
大学を出た人は、広い目で社会を見て、自分にあった仕事をおすすめします。仕事はたくさんあるので、工場にこだわる必要はありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"