半導体

半導体

半導体

工場勤務を希望する人は、まず職種を選択することからはじまります。
工場の種類も多いので、その中から自分に合った仕事を選んでください。そしてその職種の中に半導体の仕事があります。
半導体の工場ではどのような作業が行われているのでしょうか?

 

■工場勤務 半導体製造

 

半導体と言うのは、絶縁体と導体の中間の電気伝導率を持った物質のことです。
半導体は低温の場合電流はほとんど通りませんが、温度が上昇するにつれて徐々に導体として作用していきます。
集積回路やトランジスタなど、その利用用途が広いのが特徴です。
この半導体を専門に製造している工場も多く、工場で勤務するためには、ICチップを取り付ける設計回路、情報処理などの知識、技術が必要です。
工場での就業形態も様々で、正社員以外にも契約社員や派遣社員で仕事をしている人も少なくありません。
契約社員や派遣社員の場合、一般的な製造オペレーターとして就業している方が多いようです。
製造オペレーターの場合補助的な仕事も多く、工場によってはライン作業で行われているところもあります。

 

工場では半導体製品が完成するまで様々な工程があり、ICチップを組み込む電気回路設計、レイアウト設計など、部門ごとに分かれて作業を行います。
これら設計回路の作成、またレイアウト作成はコンピューターを使って行います。
ICチップは使用する半導体製造は日々進歩しており、まさに時代の最先端分野と言えます。
最先端技術が必要な業界ですが、景気によって生産数が左右されやすいのが大きな特徴と言えます。
最近はスマートフォンのモデルチェンジなど、様々な電化製品が発売されており、今後の成長が期待されています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"