精密機械

精密機械

精密機械

求人情報などで、工場の情報を見かけることがよくあります。
職種によって、給料、手当なども異なりますので、仕事選択の大きな基準になります。
職種の中に精密機械がありますが、精密機械専門の工場ではどのようなことを行っているのでしょうか?

 

■精密機械専門の工場について

 

精密機械と一口に言っても、その種類も様々です。
精密機械の種類としては、分析機器、試験機、計量器、測定器、医療用機械器具、理化学機械器、半導体、液晶機器、航空計器などがあります。
工場ではこれら機器の製造、検査などを行っています。
半導体などは、異物、ホコリなどを嫌いますので、精密機械の製造・検査はクリーンルーム内で行われます。
クリーンルームでの最大のホコリの発生源は人間です。そのため、まずは人の管理からはじまります。
クリーンルームに入る前に、全身を防御する防塵服を着用します。
この時、外気に触れているのは目の部分だけですが、工場によって防塵服も異なります。
防塵服の中には顏はそのままの服もありますので、この場合はメガネやマスクを着用します。
また目だけしか出ていない防塵服であっても、ホコリや薬液などから目を守るために、メガネの着用が義務付けられている工場も少なくありません。
クリーンルームに入るすべての人が防塵服を着用しますので、初めての方は慣れるまで時間がかかります。
また顏が見えませんので、目だけで相手を判断することになります。
実際にクリーンルームに入る前にはエアシャワーを浴び、全身のホコリを除去します。
そしてクリーンルーム内にはトイレがありませんので、トイレの時は気をつけてください。
このように精密機械をクリーンルーム内で製造する場合、様々な規定があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"