住宅

住宅

住宅

工場の種類も様々ですが、住宅関係の工場を希望する人も少なくありません。
私たちが毎日利用している住宅を少しでも設備のいいものにするために、今日も多くの工場が稼働しています。
ここでは住宅製造工場について見てみます。

 

■住宅製造工場についいて

 

住宅と言うのは、大工さんが建築しているイメージがあります。通常の住宅は大工さんを中心にして、住宅を建築しています。
しかし住宅の中にはプレハブ住宅など、工場で基礎を作るものもあります。私たちの周りでもプレハブ住宅をよく見かけます。
プレハブ住宅は専用の工場で、柱、梁、床、壁、屋根トラスなど、住宅構造体を生産します。
そして工場ででき上がった構造体を、建築現場に運んで組み立てます。
工場によってそれぞれ生産方法は異なりますが、基本的なことは同じです。

 

プレハブ住宅の製造工場では、コンピューターやロボットと言った最新技術を導入しています。
これらコンピューター、ロボットを利用し、徹底した品質管理のもとで主要部材が作られます。
そのため製品の品質のバランスも良く、精度も増します。
部材についてはすべて規格化、標準化されていますので、日本の伝統的な木造工法に見られるような職人の技術に左右されることはありません。すべての製品が高品質化されています。
このように工場で生産する比重が高い結果、現場で行う作業も軽減され、工期の短縮も実現されます。
さらに工場生産方式を採用することで原価管理も明確になることから、リーズナブルな価格の設定も可能です。
価格そのものが適切に設定されていることから、住宅が完成した後の負担も軽減されます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"